MENU

人気ページランキング

ブーンという耳鳴り

先程も、耳鳴りの音の種類について少し触れましたが、
高音のキーンという音もあれば、
低音のブーン、ボーン、ゴーといった音もあり、
耳鳴りの症状は、人によって異なります。

 

また、場合によっては、いくつかの音の種類が、
混ざって聞こえるケースもあります。
音の種類が単音の場合は、難聴の障害範囲がせまい状態ですが、
複数の音が聞こえるときは、障害範囲が広くなっています。
そして、難聴を引き起こしている原因も、複数考えられます。

 

このように耳鳴りには、さまざまな音の種類がありますが、
その中でも、よくある音の種類として、
モーター音や、クーラーの音に似た低音の耳鳴りがあります。
この音が聞こえる人のなかには、
同時に、耳の中が詰まった感じを訴える人も、
たくさんいらっしゃいます。

 

こういった症状の時に考えられる疾患として、
メニエールや耳管狭窄症、耳管開放症、中耳炎、突発性難聴、
外耳道疾患、外耳道炎症などがあります。

 

これらの疾患を特定するには、
まず、耳鼻科で受診することをお勧めします。
そして、疾患を特定でき、治療を行えば、
次第に耳鳴りの症状も、回復していくことでしょう。

 

しかし、検査結果によっては、問題がなく、
耳鼻科で原因が分からないこともあります。
そして、他の人に聞こえない自覚的耳鳴りの場合、
他の人になかなか理解してもらえないため、
孤独を感じることも多く、
精神的に追い詰められることも多々あります。

 

そういった場合は、先程も少し触れましたが、
薬の服用や、心理療法も効果的です。
こういった方法では、根本的な解決にはならないかもしれませんが、
毎日の生活の中での苦痛を、少しでも取り除いていくことが、
ストレスを軽くし、耳鳴りの症状を緩和する秘訣でもあります。



 

 

薬や病院に頼らない、自分で身体の改善を図る人気トレーニング

1日たった3分あることをするだけで耳鳴りから解放される方法を大公開。