MENU

人気ページランキング

耳鳴りの治し方に、薬が処方されることは、一般的です。
そして、耳鳴りの原因によっても、処方される薬は異なります。
そこで、耳鳴りの症状に使用される主な薬を、
いくつか紹介します。

 

まず、内耳に疾患がある場合、
血液の循環や、水分量に問題があることが考えられるため、
血管拡張剤や、代謝を改善する薬が処方されます。
そして、耳鳴りによって、不安やストレスを抱えている時には、
それを和らげるために、抗不安剤や、抗うつ薬が使用されます。

 

また、耳鳴りの原因として、
自律神経に、乱れが生じていることもあります。
そういった時には、自律神経調整剤や、
副交感神経抑制剤があります。
副交感抑制剤を使用するときは、低血圧が原因で、
めまいや立ちくらみが起こっている人に効果的です。

 

あと、ステロイドを使用した治療も良く行われます。
これは、聴神経の興奮を抑える効果があり、
直接耳に注入する方法や、点滴があります。
その他、抗ヒスタミン剤や、ベータブロッカーなどもあります。
これらの薬は、交感神経の過剰な興奮を抑えることにより、
吐き気を抑えたり、めまいの症状を緩和します。

 

これらの薬は、強い副作用が起こるタイプの薬ではありませんが、
時として、発疹や顔のほてり、胃の不快感などが起こることも、
考えられます。
もし、不快な症状がある場合は、
できるだけ早めに、処方された医師に相談しましょう。



 

 

薬や病院に頼らない、自分で身体の改善を図る人気トレーニング

1日たった3分あることをするだけで耳鳴りから解放される方法を大公開。