MENU

人気ページランキング

難聴

耳鳴りと難聴、そしてめまいは、
同時に起こることが多くなっています。
その理由として、蝸牛、三半規管、耳石器が近くにあり、
それぞれ影響を受けやすいためです。

 

音や言葉を正しく認識するためには、外耳から中耳にかけての伝音系と、
内耳から大脳にかけての感音系が、正常に機能する必要があります。
しかし、難聴になった場合、これらのどこかに異常が生じ、
音が聞き取りにくくなったり、聞きわけられなくなります。

 

そして、どちらかといえば、感音系に問題が起こった場合の方が、
治療が困難になります。
また、難聴が起こっているときには、
耳鳴りやめまいといった他の不快症状があるため、
受診される人の多くは、難聴に対して、自覚症状がない場合があります。
そのため、検査結果によって、はじめて、
自分の耳の聞こえに、問題があることに気が付きます。

 

しかし、難聴は早く気が付き、早く治療を行った方が、
治療効果も上がりやすくなります。
ですから、そのためにも、聴力検査は受けることをお勧めします。

 

一般的な、聴力検査には、純音聴力検査があります。
これは、高さや強さが異なるいくつかの音を聞き、
その音の聞こえをチェックする検査です。
その他、語音聴力検査や、耳管機能検査もあります。
これらの検査によって、異常が認められたら、
治療を行うことになります。

 

難聴の治療法はいくつかありますが、
内耳や趙神経に異常がない場合は、手術ができます。
そして、混合ガス療法は、血流を増加させるために効果的です。

 

これらの治療法は、難聴の原因によっては、
行えないケースもありますが、
難聴に至った理由によっては、こういった治療法を取り入れることで、
難聴の改善が期待できます。



 

 

薬や病院に頼らない、自分で身体の改善を図る人気トレーニング

1日たった3分あることをするだけで耳鳴りから解放される方法を大公開。