MENU

人気ページランキング

脳に異常が現れた時に、
耳鳴りの症状が出る場合があります。
そして、それらには、脳梗塞や脳出血、脳腫瘍などがあり、
血管が詰まったり、破れたりすることで起こります。

 

耳鳴りがするからといって、
必ずしも、脳に異常が生じたことが原因というわけではありませんが、
これらの病気の予兆として、耳鳴りがしている可能性もあるので、
注意が必要です。

 

こういった場合、耳鳴り以外にも、手足がしびれたり、
頭痛、めまい、しゃべりにくいなどの自覚症状もあります。
そして、これらの症状もずっと続くわけではなく、
一時的な症状なので、見逃してしまうこともあります。

 

しかし、こういったサインを見過ごすことによって、
後で大変なことになりかねません。
ですから、少しでもおかしいと感じたら、
気のせいだと思わないで、一度脳神経外科で、
検査をすることをお勧めします。

 

主な検査には、CTやMRI、脳血管造影や、
超音波ドプラーなどがあります。
CTは、X線で脳を輪切りにした断面を映し出します。
そして、この検査では、脳梗塞か脳出血であるかの判断ができます。
そこで、もし前者であれば、
MRI検査により脳の断面図を映像化して検査します。

 

また、脳血管造影では、血管の詰まり具合を調べることができ、
超音波ドプラーでは、動脈硬化があるかを知ることができます。

 

これらの検査を受け、現状を早めに知ることで、
予防できることもあります。
なかでも、高血圧や糖尿病、動脈硬化、
ストレスを抱えている人には、
これらの病気を発症する可能性が高いので、
気をつけておくとよいでしょう。



 

 

薬や病院に頼らない、自分で身体の改善を図る人気トレーニング

1日たった3分あることをするだけで耳鳴りから解放される方法を大公開。