MENU

人気ページランキング

耳管開放症

耳管開放症とは、耳管が開いたままになる病気です。
耳管は、耳の奥と鼻の奥で繋がっている管で、
大気と中耳の圧を、同じにする働きがあります。
健康な人であれば、通常、この耳管は閉じており、
嚥下をするときだけ開きます。

 

そして、この病気を発症する理由として、
疲れ、睡眠不足、ストレスなどが、
原因になっていることが多くなっています。
なかでも、この病気は女性に多く、
妊娠中にも、起こりやすくなっています。

 

主な症状は、耳に閉塞感を感じたり、
自分の声が大きく響くといった症状があります。
また、めまいや、低い音が聞き取りにくいという症状が、
出ることもあります。

 

以前は、この病気の治療法がなく、
患者さんは、不快な症状に悩まされたままでしたが、
最近は、漢方での治療で、効果があることがわかってきました。
それは、加味帰檜脾湯という漢方薬で、
一般的には、胃腸の弱い人や疲労感の強い人、
精神不安や不眠を抱えた人、神経症や貧血に悩む人に処方されます。

 

耳管開放症の人の約70%の方が、
この漢方を服用することで、改善を自覚しており、
この病気で悩んでいる人にとって、効果の期待できる漢方薬です。

 

また、自宅で簡単にできる方法としては、
マッサージがあります。
この方法は、耳の後ろにある乳様突起(にゅうようとっき)という骨の後ろを、
人差し指と中指でぐるぐるまわして、マッサージをするものです。
この方法で、症状が改善される方もいるので、
耳鳴りが辛い人は、一度試してみるとよいでしょう。


 

 

薬や病院に頼らない、自分で身体の改善を図る人気トレーニング

1日たった3分あることをするだけで耳鳴りから解放される方法を大公開。