MENU

人気ページランキング

手術

耳鳴りの治し方の1つとして、
手術を行うことも可能です。
しかし、手術のできる耳鳴りと、
そうでないものがあるので、注意が必要です。

 

なかでも、この方法が効果的なのは、
他覚的耳鳴りの場合で、こういった耳鳴りの種類であれば、
耳鳴りが消える可能性も高くなっています。

 

そして、術後の経過として、
耳鳴りが消えたという方が、約30%程度です。
そして、音が小さくなったと感じる方が30%で、
約半数以上の方は、術後に以前より良好な状態と言えます。

 

しかし、残りの40%の方は、変化を感じられなかったり、
場合によっては、手術前より、耳鳴りが大きくなったと感じる人もいます。
この確率を高いと思う人もいれば、そうでない人もいることでしょう。
ですから、手術を受ける時には、担当医とよく話し合って、
現状を知った上で、チャレンジするかしないかを、
決めることをお勧めします。

 

そして、手術内容によっても異なりますが、
主な流れを見ていきます。
まず、手術を行うことで、耳鳴りの症状の改善が見込めると判断した場合、
全身の健康状態をチェックします。
そこで、麻酔や手術そのものに耐えられる体力があるかを調べます。
その後、入院し、手術を受けます。

 

主な方法は、耳の後ろを切開して行います。
そして、一般的には、術後は1〜2週間程度、
入院することになります。
しかし、薬を注入するだけの簡単なものであれば、
日帰りが可能です。
また、退院後も定期検診を受け、経過観察をします。

 

これらの外科手術は、同じ病気であっても、年齢や生活スタイル、
仕事内容などで術式が異なるケースが考えられます。
術後の生活も視野に入れて、適切な方法を選択しましょう。


 

 

薬や病院に頼らない、自分で身体の改善を図る人気トレーニング

1日たった3分あることをするだけで耳鳴りから解放される方法を大公開。